タフィ・ローズを捜しています

80年代、90年代のプロ野球の記憶などを記録していきます。最愛の野球選手であるタフィ・ローズに再会するその日まで。たまに野球以外の記録も。

プロ野球カード記録 その11

2018年11月。

当記事 執筆現在、福岡ソフトバンクホークス広島東洋カープによる、熱い日本シリーズが繰り広げられている。

 

初戦引き分けからはじまり、点を取られては取り返す熾烈なシーソーゲームの連続で、どちらのチームのファンではないながらも、目が離せずにいる。

もしかしたら、後々語り継がれる日本シリーズなのかもしれない。それぐらいの展開を毎日のように観ている気がする。

そんな熱戦の一方で、野球ファンならば誰でも、「来季こそは自分の応援するチームも日本シリーズに」あるいは「自分が生きているうちにせめてリーグ優勝を」と思うものではないだろうか。

Bクラスの常連となっているチームのファンならなおさら、優勝は高望みだとしてもCS争いはせめて…と願ってしまう。

望むのは自由だしタダだ。もう少し高いところを期待して応援しなきゃいけないよなぁ…という意味でも、今回のカード記録は、私が応援する"バファローズ" しばりでいこうと思う。

 

・・・

大阪近鉄バファローズ

背番号 5

村上 嵩幸

f:id:shibata_pro:20181102163829j:plain

f:id:shibata_pro:20181102164034j:plain

近鉄バファローズ時代のものは以前こちらで記録したが、チームが大阪近鉄…になってからのカードである。配布年が記載されていないが、SNSでつながっている詳しい方の情報により1997年のものだと判明。(N様ありがとうございました)

最近は主に野球解説でお目にかかる機会が多かったが、2019年から中日ドラゴンズ 一軍打撃コーチに就任が決定した。与田剛監督による新体制の一員である。神宮球場での対スワローズ戦にて、中日ユニフォームでビシっとキメた村上氏を拝見するのが楽しみである。

 

 

大阪近鉄バファローズ

背番号 3

吉岡 雄二

f:id:shibata_pro:20181102164941j:plain

f:id:shibata_pro:20181102165009j:plain

 2002年、大阪ドーム(現京セラドーム大阪)での主催試合の入場時に配布されたカード。

このカードには、私の "好き"が詰まっている。

まずこの吉岡氏は、当ブログのタイトルにもある、タフィ・ローズに深くかかわっているからだ。2015年、タフィが富山サンダーバーズでコーチ兼選手として活躍したのは、彼の呼びかけによるものが大きかった。

タフィが富山にいる頃、試合後に吉岡氏自ら道具を片付けていた姿が今でも忘れられない。サンダーバーズを含め、独立リーグで7年間指揮をとられており、野球が好きなんだろうな、という印象が強い。きわめて軽薄な表現だけれどもその言葉以上に出てこない。

あとは、この時代の近鉄ヘルメットに広告を出していた、コンビニチェーンのam/pmも懐かしい。同チェーンで売っていた「とれたてキッチン」のお弁当がおいしくて、10代後半のお昼ご飯は、そればかり食べていた(そして太った)。

コンビニ話はさておき、吉岡氏は2018年から北海道日本ハムファイターズの二軍打撃コーチを務めている。来季も同ポジションなのだろうか。かわらぬ手腕を発揮して、一軍でのお姿も拝見したいところだ。

 

 

オリックス・バファローズ

背番号 81

大石 大二郎

f:id:shibata_pro:20181102171035j:plain

f:id:shibata_pro:20181102171055j:plain

2009年の球場配布カード。画像ではわかりにくいが、キラキラ加工がされている。大阪近鉄…になる前から、近鉄バファローズの俊足のアイコンであった "だいちゃん" こと、大石大二郎氏。

当ブログで何度か書いているが、私は2000年代、野球観戦から離れていたため、だいちゃんがオリックスの監督をしていた時期があることすら記憶になく、監督としての手腕やチーム成績などはどうしてもウィキペディア頼りになってしまう。

2008年に監督代行就任、同年8月に監督に正式に昇格。ウィキ情報が正しければ、タフィをはじめとする助っ人やベテランの活用も評価されていたとのことだが、翌年、チーム成績不振により監督辞任。シビアである。

現在は社会人野球チーム・ジェイプロジェクト硬式野球部監督を務められていると情報を得られたが、2019年も続投されるのだろうか。今後もご活躍されますよう。

現役時代の大石氏の打席で「だーーいちゃーーーん」コールができたこと、最後の藤井寺世代として誇りに思っている。

 

・・・

 

さて、日本シリーズの話に戻すと、今日現在ではホークスが王手をかけている。

それでもカープだって手ごわいチームだ。まだ勝敗はわからない。できるだけ長く野球を観ていたいという勝手な願いもあって、シーズン終盤にぜひともしつこく、ねばっこい展開をみせてほしいと思う。

レベルの高い試合を観ると、来季どうなるのか…と一抹の不安がよぎったりもするけれど…

 

f:id:shibata_pro:20181102172938j:plain

このだいちゃんみたいに、上をむいて、明るい来季を夢みたい。

 

 

 

記録はつづく